私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

営農指導員一人一研究成績発表会/最優秀賞 中嶋拓真さん

 JA営農部は1月12日、JA会館ふじみで一人一研究成績発表会を開きました。役職員22人が出席。営農指導員13人が担当品目の品質・収量向上などに向けて行った1年間の研究成果を発表しました。

 

 審査の結果、原村営農センターの中嶋拓真指導員が最優秀賞。佐藤勲知指導員と矢沢光洋指導員が優秀賞を受賞しました。

 

 発表会は、営農指導のレベルや質を向上し、諏訪地域の農業振興に寄与することを目的に実施しています。審査は役職員が「試験内容の有効性」「地域への普及性」「表現力」などの観点で行います。一定の成果が得られた内容は、生産部会を通じて生産者に周知し、農業所得の増大につなげています。

 

 研究テーマは、地域が抱える営農課題。生産者の協力のもと、ほ場での試験を行い、表やグラフを用いて経過や結果を見やすくまとめ、考察や今後の展望を1人15分の持ち時間で発表します。

 

 最優秀賞の中嶋指導員は「アネモネ栽培における簡易細霧冷房の導入効果試験」について発表しました。

 

 アネモネは管内の冬季主力品目で、出荷時期は秋の彼岸明けから翌年3月。定植は6月から始まり、定植盛期の7月上中旬から9月下旬にかけての高温期が株養成期間となります。近年は猛暑の影響でハウス内が高温となり、初期の活着不良による株落ちや株の養成不足を原因とする収量・品質の低下が問題となっています。このため、ハウス全6棟(計11アール)に簡易細霧冷房を導入し、生育状況を調査しました。結果、初期の活着や生育不良による株落ちは例年と比べて少なくなりました。作付面積は前年よりハウス1棟分多くなっていますが、12月末までの出荷量は前年比179%となりました。

 

 中嶋指導員は「簡易細霧冷房はコスト的に導入しやすいメリットがある。今回の結果をもとに今後もアネモネの生産振興に努めていきたい」と話しています。

 

 優秀賞の佐藤指導員は「トルコギキョウ立枯れ病対策試験」を発表し、矢沢指導員は「アルストロメリア夏秋期作型における簡易雨よけハウス導入試験」を発表しました。

 

R5年度一人一研究成績発表会.JPG

最優秀賞を受賞した中嶋指導員(右)

カテゴリー

月別


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス