私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

ダイコン種まき 土に触れて学ぼう/諏訪市立湖南小学校

 JA諏訪中央支所湖南営業所は8月24日、諏訪市立湖南小学校の農業体験に初めて協力しました。支所食農活動の一環として、地元JA監事の関雅一さん(68)とJA職員が参加。学校敷地内にある23平方メートルの畑で、1年生44人にダイコンの種まきを指導しました。

 

 関さんは6年ほど前から地域ボランティアの活動を始め、母校である湖南小の畑の活動にも携わり始めました。今年5月のJA通常総代会で監事に就任したことをきっかけに、農業を通じた学校とJAのつながりを図り、今回の活動が実現しました。

 

 この畑では関さん指導のもと、毎年1年生が春から夏にかけてジャガイモ作りを行ってきましたが、夏休み前には収穫を終えて畑が空いてしまいます。そこで関さんはJAの協力で、児童に二毛作を体験的に理解してもらおうと考えました。JAは品目選びや土作りから協力してきました。

 

 畑に入る前に、関さんは種まきの手順を説明。児童に「種はパラパラとまいて、種同士がくっつかないように」と指導。児童たちは名簿順に畑に並び種をまきました。

 

 小口瑛太さん(6)は「ダイコンの種は小さいから、どこかに行かないように気を付けた」と話し、田中結希さん(6)は「初めてやったけど楽しかった。早く大きくなってほしい」と笑顔で話しました。

 

 関さんは「食べ物を作ることが大切で楽しいことだと知ってほしい」と話しています。

 

 今後は水やりや間引き、防除などの栽培管理をしながら、10月の収穫を目指します。収穫後は学校で調理して皆で味わう予定です。

 

湖南小学校ダイコン種まき.JPG

上手にまけたかな?

 

湖南小学校ダイコン種まきw1.JPG

(*´∀`) 種をまいたら、ふかふかの土の布団をかけてあげます

カテゴリー

月別


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス