私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

農業機械の初荷安全祈願/諏訪大社で無事故と豊作を祈る

 JA信州諏訪は1月17日、諏訪市の諏訪大社上社本宮で農業機械の初荷安全祈願を行いました。農機を購入した生産者、農機具メーカー関係者、JA役職員ら約20人が参列。ボンネットやドアを開けて並べられた農機を神職が1台ずつおはらいし、参列者は1年の農作業無事故と豊作を祈りました。

 

 昨年11、12月にJAが受注した農機を対象に、年明けに毎年行う神事。生産者への納入を控えたトラクターや田植え機、コンバインなど合わせて14台が祈祷殿(きとうでん)前に並びました。購入者と一緒におはらいを受けて清められた農機は、今春から田んぼや畑で稼働します。

 

 小林昇経済事業本部常務理事は「半導体などの部品不足の影響を受けながらも、納期に間に合わせることができた。事故のないよう安全に使っていただきたい。農機具による作業の省力化が、農地の維持につながってほしい」と話しました。

 

農業機械初荷安全祈願.JPG

安全を祈願し、おはらいを受ける農業機械

カテゴリー

月別


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス