私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

思い出の人形 感謝を込めて/JA虹のホールすわこで供養祭

 JA信州諏訪の子会社「あぐりライフ信州諏訪」とJA葬祭は10月1日、諏訪市の「JA虹のホール諏訪湖」で人形供養祭を開きました。組合員・地域住民ら434人が訪れ、思い出が詰まった人形やぬいぐるみに別れを告げました。

 

 同供養祭は毎年1回、管内に3カ所あるJA葬祭施設が持ち回りで行っています。開催を通じて地域との交流を図り、葬祭事業のPR活動を行い、地域活性化につなげていくことが狙いです。

 

 新型コロナウイルス感染防止のため、参加者向けの焼香所は施設入口に設置しました。受付終了後、式場の祭壇いっぱいに並べられた人形など4042体、着物695枚を前に、同市の法華禅寺篠本法光住職が法要を行いました。

 

 同市の女性(62)は「子どもが小さいときに使っていたぬいぐるみ10体を持ってきた。思い出のある品なので手厚く供養してもらえて、ありがたかった」と話しました。 

 

人形供養祭.jpg

 

しめやかに行われた人形供養祭

カテゴリー

月別


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス