私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

湖北ブロック花き購入運動/花束づくり部員に手渡す

 JA信州諏訪湖北ブロックは6月15、16、20日、岡谷市のJA施設で、部員による管内産花き購入運動「信州諏訪の花を飾りましょう」を行っています。部員37人が、スターチス・アルストロメリア・カーネーション合わせて950本を購入。花岡ちづ子ブロック長、金原多佳美副ブロック長が花束をつくり、部員一人ひとりに受け渡しました。

 

 この活動は2020年度、コロナ禍の影響で需要低迷する花き支援を目的に始めたものです。今回で4回目となります。

 

 この日は、JA原村営農センターからスターチスとアルストロメリア、富士見町営農センターからカーネーションを手配。部員は、1品目2~4本ずつ、計12本になるよう組み合わせて花束にし、新聞紙で包みました。

 

 同市の山田君江さん(78)は「毎年買っている。きれいな花を届けてくれる農家の皆さんに感謝して、玄関や仏様に飾りたい」と話していました。

 

 花岡ブロック長は「役員会でも開催希望が多く、皆楽しみにしていた企画。管内産の花を鑑賞して心を癒し、元気に過ごしてほしい」と話していました。

 

 2022年度現在の花き消費動向は、輸入品が減少し、国内産への需要が高まっていることから、管内産も安定した価格帯で推移しています。JA女性部の取組み継続について、営農部の佐藤勲知主任は「今年も購入いただき、とてもうれしく思っている。地元の皆さんに管内産の花きの魅力を知っていただく機会を大切にしていきたい」と感謝を述べています。

 

湖北ブロック花き購入運動.jpg

 

写真=部員に花束を手渡す花岡ブロック長(左)ら

カテゴリー

月別


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス