私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

心を込めてそば打ち体験/弾男俱楽部

 JA信州諏訪の男性組合員向け講座「弾男俱楽部(だんだんくらぶ)」は12月28日、諏訪市の「信州 諏訪そば打ち道場」でそば打ち体験を行いました。講師は、岡谷市の江戸ソバリエ1期生の花岡秀明さん(71)。受講生とJA職員計14人が参加し、来る年も幸多き1年となるよう、心を込めてそばづくりを楽しみました。

 

 この日は、信州そば粉8割とつなぎ粉2割をミックスした「二八そば」5人前をつくりました。

 

 受講生は粉全体に水がなじむように、軽く、手早く混ぜ合わせる「水回し」から開始。生地がまとまってきたらしっかりとこね、麺棒を使って均一に伸ばした後、切りやすい大きさに折り畳んで包丁で細く切っていきました。

 

 約2時間半で作業終了。できあがったそばは、容器に入れて各家庭へ持ち帰りました。

 

 茅野市の細川浩治さん(74)は「そば打ちは2回目。前回よりは上手にできたと思う。さっそく今夜茹でて食べたい」と話していました。

 

弾男俱楽部そば打ち.jpg 

写真=麺棒で生地を均一に伸ばす受講生

カテゴリー


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス