私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

あぐりクリエイト田植え JA職員も参加

 JA信州諏訪の子会社「あぐりクリエイト信州諏訪」の田植えが5月15日、始まりました。同社員と委託生産者、JA職員が、25日までに富士見町内の水田102枚(22ヘクタール分)を植え付ける予定です。

 

 19日は、12人が作業にあたりました。発進時の自動操舵などの先進的機能を搭載した田植え機(8条植え)を稼働させ、効率的に進めました。皆で、軽トラックに積み込んだ育苗箱を畦まで運び入れ、手際よく田植え機に補充しました。約10アールを20分ほどで仕上げました(※)。

 

 毎年、農家に寄り添える職員の育成と不祥事未然防止のための連続職場離脱を目的にJAが取り組んでいる農業体験として、金融部の職員2人も参加。苗運びや周辺の草刈りなどを行い、普段とは違う仕事を体験しました。諏訪支所金融渉外係の清水建伸さん(30)は「デスクワークが多いので、こういう機会は貴重。食と農を守るJA職員として、しっかりと取組みたい」。茅野南部支所金融渉外係の北原裕隆さん(31)は「農家の皆さんの苦労を少しでも知り、今後の仕事に役立てたい」と話していました。

 

 収穫は9月下旬から10月上旬の予定です。 

 

あぐりクリエイト田植え2.jpg

 

写真=JA職員も参加し、効率よく作業した田植え

 

 

※お詫びと訂正

 

5月28日付けの日本農業新聞では

【誤】約20アールの水田を20分ほどで仕上げました

と掲載いたしましたが、

【正】約10アールを20分ほどで仕上げました

の間違いでした。

ここに訂正し、お詫び申し上げます。

 

 

カテゴリー


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス