私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

珍しい「吉兆」のハスが咲く

 JA信州諏訪組合員の吉川田文さん(81)の自宅前にある休耕田(茅野市穴山)につくるハス田で、1本の茎に2個の花が付く「双頭(そうとう)(れん)」が咲きました。これは非常に珍しい現象で、"良いことが起きる前兆"と昔からありがたいとされ、数十年に1度現れるとも言われている。中国では古くから吉祥の花として夫婦円満を意味する。

 

 今回の双頭蓮はほかのハスに比べてやや小ぶりだが、ピンクの愛らしい花を咲かせ、見学に訪れた大勢の人を楽しませた。

 

 吉川さんは「ハスの花は短命で3~4日ほどで枯れてしまう。今年は開花が遅れ気味だが、つぼみは多く、しばらく楽しめそう。大勢の人が花を見て心を和ませてもらいたい」と話しました。

 

写真=1本の茎に2個の花が咲く「双頭(そうとう)(れん)

カテゴリー


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス