私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

稲脱穀 先人の知恵学んで 豊田小学校5年生

 諏訪中央支所と地元の農業・漁業関係者らでつくる団体「ファーマーズ」(藤森一彦代表)などが連携して支援する諏訪市の豊田小5年生(46人)が11月25日、脱穀作業を同校で行いました。乾燥させた稲を自分たちが考えた方法や千歯こき、足踏み脱穀機で昔ながらの手法を使って約40キロのもみを収穫しました。

 

 同校の稲作体験は、同団体が10年以上にわたり、栽培指導や日々の管理などを支援してきました。藤森さんの働きかけにより、諏訪中央支所の食農活動と連携し、今年で3年目となります。

宮城県の復興米「みやこがね」を栽培。10月に稲を刈り取り、この日まで学校ではぜに掛けて乾燥させ、脱穀の準備を整えました。

 

 児童らはファーマーズのメンバーと一緒に稲を持って農具にかけ、もみが落ちていくと歓声を上げた。自らが調べ工夫をし、割り箸や牛乳パックで挟む方法も試し、農機具の便利さも学びました。

 

  5年2組の山田聖奈さん(10)は「千歯こきは意外と力が必要だった。昔の人がいろんな工夫をし、脱穀していたことが分かった」と話しました。

 

 藤森代表(73)は「自分たちが考えた手法を試すことで、昔の人の苦労もわかる。道具の発展から先人の知恵を学んでいただきたい。日々口にするコメ1つひとつを大切にしてください」と話しました。

 

豊田小学校脱穀.JPG

写真=千歯こきを使いファーマーズのメンバーと一緒に脱穀する児童

カテゴリー


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス