私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

成長見守った稚魚を諏訪湖へ放流 豊田小5年1組

 諏訪市の豊田小学校5年生の稲作体験を支援する地域住民組織「ファーマーズ(代表藤森一彦氏)」は8月21日、同校5年1組の児童22人と、フナの稚魚の放流作業を行いました。地元農家や漁協関係者、JA信州諏訪豊田支所職員らが見守る中、諏訪湖へと注ぐ用水路に約4万匹の稚魚を放しました。

 

 諏訪湖の外来魚増加を受け、諏訪湖漁業組合が行うフナの増殖事業の一環。「子どもたちに諏訪湖の在来種の減少や生態系を身近に感じてもらいたい」と5年以上前から行っています。

 

 5月下旬に児童たちが稲作体験を行う水田に親魚を放し、6月中旬のふ化後は毎日餌を与え、コメと共に稚魚の生育を見守ってきました。

 放流は、一度大きな網でフナを受けた後、コップや小さな網を使ってそれぞれの手持ちバケツに入れ、合図に合わせて「元気に大きくなってね」などと声をかけながら行いました。

 

豊田小学校ふな放流.JPG

「諏訪湖で元気に育ってね」と願いながら放流する豊田小5年生

 

カテゴリー


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス