私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

手軽に楽しむこんにゃくづくり JA女性大学院

 JA信州諏訪女性大学院は11月27日、「郷土食づくりを体験したい」という院生の要望を受け、富士見町の富士見グリーンカルチャーセンターで自家製こんにゃくづくり講座を開きました。

 

 6人が参加し、JA職員が講師を務めました。コンニャク芋1㎏と水をミキサーで攪拌(かくはん)した後、鍋に入れ、木製の大きなへらを使って強火で30分ほどかき混ぜます。水分が抜けて固まり始めたところで火からおろし、精製ソーダを加えて練り上げると、手軽にできる自家製こんにゃくが完成しました。

 

 また試食用のこんにゃくで、サラダとおかか和えも調理。院生からは「かんたんにできておいしい」と笑顔をみせていました。

 

 茅野市の牛山喜美子さんは「こんにゃくづくりは初めて。かき混ぜるときに力が必要で、大変だったけれどとても勉強になった。家で食べるのがとても楽しみです」と話していました。

 こんにゃくづくり女性大学院.jpg

 熱さに耐えながら、大きなへらでこんにゃくを練り上げた

カテゴリー


動画ライブラリー
JA信州諏訪ショッピング
JA信州諏訪おすすめレシピ
ポイントサービス