私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

野菜ブログ

セルリー苗受け渡し始まる 

 JA信州諏訪は1月4日から、原村のJA育苗ハウスで生産者へのセルリー苗の受け渡しを始めました。7月上旬まで10日に1回、計19回行う計画です。生産者は注文分の育苗箱を毛布等に包んで大切に持ち帰っています。

 

 育苗経費や労力の削減、安定生産の支援を目的に毎年行っている取組みです。播種・管理した苗を本葉1枚半ほどに仕立て、生産者に引き渡しています。

 

 今年は暖かい日が続いたため苗の仕上がりが早く、例年より1日早く受け渡しを始めました。この日は、茅野市・原村の生産者10人が、育苗箱計56箱を持ち帰りました。今後は苗の生育に応じて数回植え替えを行い、3月上旬に加温ハウスへ定植。初出荷は5月初旬頃を見込んでいます。

 

 同市の矢島秀一さん(40)は「立派で良い苗を受け取ることができた。天候や病害など難しい栽培環境にはあるが、対応を行いながら高品質なセルリーを生産したい」と話しました。

 

 同部農業振興センターの五味有係長は「今後も気を付けながら苗の栽培管理を行っていく」と話しました。

 

セルリー苗配布.jpgセルリー苗を持ち帰る生産者