私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

花ブログ

立毛品評会/花きの栽培技術や品質、生産者の意識向上につなげる

 JA信州諏訪は7月27日、第48回諏訪花き立毛品評会第3次審査会を行いました。JA主力品目のリンドウ、トルコギキョウ、施設きくを審査。高品位生産者の圃場を巡回し、花きの栽培技術や品質、生産者の意識向上につなげます。品目ごとの最高得点栽培者には、12月に褒章授与式を行います。

 

 品評会は今年度、11品目を対象に、5月から11月にかけて計6回行っています。審査項目は草姿、生育状況、ほ場の管理状態、病害の有無の4項目。項目ごとに20~30点、合計100点満点で評価します。審査員は諏訪農業農村支援センターの普及指導員、JA全農長野の担当者、長野県花き試験場の職員、JA職員らが務めました。

 

 この日はリンドウ2件、トルコギキョウ6件、施設きく9件のほ場を巡回。審査員は、花きの状態をよく観察しながら、審査項目の点数と所感コメントを記入。富士見町のJA富士見町営農センターで、講評を行いました。

 

 各品目の最高得点栽培者は、リンドウは発色が良く8月盆に合わせて出荷できるほ場として、諏訪市の小林重人さん。トルコギキョウは、花弁にボリュームがあり、草丈が取れているほ場として、原村の北原広春さん。施設きくはつぼみ、立ち本数が揃ったほ場として、同村の中村清一郎さんに決定しました。

 

 諏訪農業農村支援センターの秋山祥恵普及指導員は「天候不順の中、栽培には苦慮されることが多かったと思うが、病害虫が防除されており、産地全体の栽培技術の高さが伺えた。仕立てやかん水の方法などの改善点も見つかったので、JA・試験場と連携し、生産者への呼びかけを行っていく」と話していました。

 

立毛品評会.jpg

リンドウのほ場で立毛品評会を行う審査員(長野県諏訪市で)