私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

花ブログ

JA下諏訪支所 花育活動/地元産花苗を保育園に寄贈

 下諏訪町のJA信州諏訪下諏訪支所は7月13日、地元産花苗のプランターをつくり、町内保育園3カ所に寄贈しました。同支所運営委員・職員、JA女性部湖北ブロック部員計11人が参加し、園児に手渡しました。

 

 この活動は2021年から始まり、今回で2回目。園児に花を育ててもらうことで、植物とのかかわり方を学び、心を癒してほしいと企画したものです。

 

 花苗は、同女性部員で花き生産者の河西由紀子さんが、マリーゴールド・ジニア計45株を提供しました。参加者は、花苗を5株ずつ植えたプランター計9個を作製。さくら保育園、とがわ保育園、みずべ保育園の3カ所にそれぞれ持ち込みました。

 

 プランターを受け取った園児は、花の香りを嗅いだり、名前を聞いたりしていました。

 

 同支所の浜純二支所長は「綺麗な花を眺め、栽培することで優しく豊かな心を育んでほしい」と話しました。

 

下諏訪支所花育.jpg

 

園児に手渡すプランターを用意する参加者