私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

野菜ブログ

地元産の秋野菜用苗を販売 JAファーム各店舗

 管内の農業・園芸資材専門店「JAファーム」各店舗で、秋の葉物野菜苗の販売が本格化しています。苗は「キャベツ」「ブロッコリー」「レタス」「サニーレタス」「ハクサイ」などで、すべて地元生産者が育苗したもの。品種も複数取り揃えています。購入後、すぐに定植でき、天候・品目によりますが、おおよそ50~70日後には収穫できる見込みです。

 

 今年は8月上旬の酷暑、盆の大雨などの天候不順の影響で、畑の準備が遅れている農家が多く、例年の販売状況に比べると、ゆるやかな出だしとなりました。しかし、JAファーム茅野店の五味正宏店長によると「地元のベテラン生産者が育てた苗は品質がよく、消費者からの信頼も厚い」とのこと。下旬以降の天候回復、さらなる売り上げの向上が期待されます。

 

 同店では、店舗入口に特設ブースを設けています。日差し除けのため、遮光ネットを設置。また、職員が毎日2回の水やりを欠かさずに行い、苗の品質保持に努めています。

 

 茅野市の女性(83)は「これまでは種から栽培していたが、高齢になったため苗を購入しに来た。地元で良い苗を手軽に購入できる場があり、ありがたい」と話し、キャベツやブロッコリーなどの苗をカゴいっぱいに買い求めていました。

 

 同店の平林敦樹担当は「適度なかん水や病害虫の防除を徹底してもらえれば、立派でおいしい秋野菜が収穫できる。栽培のことなど、わからないことがあれば気軽に相談してほしい」と呼びかけています。

 

 販売は、9月上旬頃まで行います。10月中旬頃からはタマネギ苗を販売する予定です。

 

 (JAファーム茅野店)

 

JAファーム秋野菜苗販売         日本農業新聞.jpg

特設ブースに苗を並べる職員