私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

野菜ブログ

セルリーの出荷が始まりました

 JA信州諏訪の主力農産物であるセルリーの出荷が5月9日、茅野市で始まりました。生産者は夜明け前から作業を行い、朝方には取れたてのセルリーを集荷所に運び込んでいます。

 

 初出荷したのは、栽培歴49年のベテラン矢嶋敦郎さん(69=同市玉川)。矢嶋さん家族ら5人は、深夜3時から作業を開始。3月初旬に定植し、大きく育て上げたセルリーを切り、外葉を取り除き整えてから株元の土を洗い落とし、袋に入れた後、重さを量って箱詰めを行いました。役割を分担して手際よく作業を進め、午前9時頃、JAの玉宮集荷所に120ケース(1ケース10キロ)を運び込みました。

 

 矢嶋さんは「4月に遅霜があり、影響を心配していたが、作柄は上々。柔らかくてみずみずしいセルリーを多くの人に食べてもらいたい」と意欲をみせました。

 

 この日は東京や神奈川の市場に運ばれ、消費者に届けられました。地元では、茅野市、富士見町、原村のJA集荷所で箱売りを行っています。

 

 同JA管内は夏場、国内に流通するセルリーの約9割が出荷される日本一の産地。今年度は11月上旬までに77万6,000ケース(1ケース10キロ換算)の出荷を計画しています。販売額は約20億円を見込んでいます。

 

セルリー初出荷.JPGセルリーの出荷準備をすすめる矢嶋さん(左)