私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

野菜ブログ

セルリー定植本格化 5月の初出荷めざす

 JA信州諏訪管内の茅野市で3月4日から、加温ハウス栽培作型のセルリーの定植作業が始まりました。生産者は定植適期に育った苗を1株1株ていねいにハウス内に植え付けています。

 

 同市のセルリー生産者藤森康弘さん(47)家族は7日、約2,500本の苗をハウス2棟(6アール)に定植しました。苗は、1月上旬にJAから1箱で約1200本育つ育苗箱の状態で引き取った後、数回の植え替えを行い、茎の長さが25㎝ほどになるまで育てたもの。藤森さんらはポットから1株ずつ取り、穴あきマルチを敷いた畝に手際よく植えていきました。

 

 今後は、ハウス内の温度、潅水の管理を行い、初出荷は5月中旬になる見込み。藤森さんは「例年と同じ時期に定植を始めることができた。コロナの影響は心配されるが、安全安心で高品質なセルリーを今年も育てたい」と話しています。

 

 同JA管内の八ヶ岳西麓地域では、セルリー栽培が盛ん。夏秋期の出荷量は日本一を誇ります。令和2年度は約68万7,000ケース(1ケース10キロ換算)が出荷されました。

 

セルリー定植.jpg

 

   セルリーを定植する藤森さん。ハウス内に緑が広がりました。