私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

花ブログ

地元の花で心を癒して/コロナ疲れの児童生徒にプレゼント

JA信州諏訪は6月30日、地元で生産された花を使ったアレンジメントを管内6市町村の小中学校、特別支援学校など全49校に贈る取り組みを始めました。

   

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月まで長期期間の休校を余儀なくされ、ストレスや不安を抱えている児童・生徒たちを元気づけようと計画。JA信州諏訪農政対策協議会の資金で管内の花を購入し、冠婚葬祭の自粛や各種イベントの中止等で需要低迷する花き農家の応援につなげます。

 

 アレンジメントづくりは女性部が行い、6月30日は約30人の部員が参加しました。カーネーション、スターチス、アルストロメリア、ヒマワリなど8品目計2,260本を用意し、原村・富士見町・下諏訪町の3町村の学校計12校分を製作。余分な葉を取り除き、長さを揃えた後、各品目10本ずつ彩りよく束にし、高さ約60㎝の豪華なアレンジメントに仕上げました。女性部長の笠原長子さんは「子どもたちを元気づけること、そしてきれいな花を生産してくれた農家の努力を無駄にしないように心を込めてつくろう」と部員に呼びかけています。

 

 同日、女性部員と名取孝雄代表理事専務理事らJA役職員が各校を訪問。「みんなの元気な姿を見ているよ」「笑顔で元気に」などと書いた手書きの応援メッセージボードを添えて、アレンジメントを手渡しました。原小学校では贈呈式を開き、名取専務は「新学期が始まらず、大変だったと思う。信州諏訪は花の産地。地元の花を見て、明るく楽しい学校生活を過ごしてほしい」と話しました。児童を代表して環境委員会委員長の宮澤小鈴さん、副委員長の日達愛蘭さんが出席。宮澤さんは「素敵な花をいただけてうれしい。全校の皆に見てもらえるところに飾りたい」と笑顔を浮かべました。

 

 7月中も取り組みを続け、上旬に諏訪市・茅野市、中旬に岡谷市の学校に届ける予定です。

管内学校へ花を寄贈農業新聞.jpg 原小学校で行われた贈呈式