私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

花ブログ

販売額20億円達成へ 花き取引会議

当JAは6月8日、富士見町のJA会館ふじみで、花き取引会議を開きました。菊・カーネーションの生産者をはじめ、市場・輸送関係者、JA役職員ら143人が集まり、今年度の事業方針や販売計画などを協議。20億円の販売計画を達成できるよう、栽培講習会・現地指導会で栽培技術をより一層高めるほか、消費宣伝会の実施やポスターやパンフレットを活用したPRで消費拡大を図ります。

 

花き専門委員会の森山高典委員長は、「異常気象が当たり前になっているが、よい作柄、よい生産、よい流通によって、よい売り上げに結びついてほしい」とあいさつしました。

 

スターチス、トルコギキョウ、かすみ草、リンドウなどの生産者を対象とした取引会議は、6月14日に同会館で行います。

 

20170607花き取引会議.JPG

花き消費拡大に向けた事業計画などを協議した取引会議(6月7日、JA会館ふじみで)