私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「食」

デザート

かわいい変わりおだんご3種
材料   4人分
上新粉 180g
白玉粉 180g
約360cc
シルクスイート(サツマイモ) 100g
生クリーム 大さじ1
バニラエッセンス 少々
黒いりごま 少々
A 白あん 140g
A ブルーベリー 80g
ブルーベリー(飾り用) 12粒
B 白あん 140g
B ルバーブジャム 大さじ3(ルバーブと重量の3割の砂糖と煮詰める)

作り方

①上新粉と白玉粉をボウルに入れ、水を少しずつ加えながら菜箸で混ぜる。途中で手でこね、耳たぶくらいのかたさになったら一口大に丸め、沸騰した湯で浮き上がるまでゆでて水けを切る。
②シルクスイートは皮をむき、かぶるくらいの水で茹でる(電子レンジでもよい)。つぶせるくらい柔らかくなったらざるにあげ、裏ごしする(しなくても良い)。生クリームとバニラエッセンスを入れて混ぜ、甘みが足りなければ砂糖を加えて混ぜる。
③白あんとブルーベリーを小鍋に入れ、木べらでブルーベリーをつぶしながら5分ほど火にかけ、水分を飛ばす。このとき皮をつぶすようにしっかり混ぜて、色を出す。
④白あんとルバーブジャムを混ぜる。
⑤①を串に刺し、②、③、④をだんごの上にのせ、シルクスイート餡の上に黒いりごま、ブルーベリー餡の上に生ブルーベリーを飾る。

ひとことコメント

シルクスイート・ブルーベリー・ルバーブのかわいいお団子です。

レシピを作った人

JA信州諏訪 管理部 協同活動推進課

地元食材3種の野菜と果物を使用した、米と農産物消費をどちらも叶えた変わりお団子です。色は自然な素材の色を生かして、流行りのくすみカラー風に。思わず写真におさめたくなる様な見た目にこだわりました。餡を作る手順は手間がかからないように“つぶすだけ”、“混ぜるだけ“にしてあります。酸味と甘みと素朴さがちょうどいい、お団子になりました。