私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

手づくりこんにゃくに挑戦 JA女性大学院

JA信州諏訪女性大学院食農グループは1月9日、諏訪市の豊田支所でこんにゃくづくり講習会を行った。院生14人が参加し、地元産のこんにゃく芋を使ってこんにゃくづくりを楽しんだ。

 

こんにゃくづくりは大学院の人気企画のひとつ。JA組織広報課の職員が講師を務めた。こんにゃく芋と水をミキサーで撹拌し、火にかけた鍋で練り上げる作業などを参加者で協力して行い、1人当たり500gのこんにゃくをつくった。

 

調理実習として、こんにゃくの刺身や煮物、サラダなどを作り、おいしい食べ方も学んだ。

 

参加した諏訪市の女性は、「初めてだったがみんなで協力し、スムーズに作業できてよかった」と話した。

 

大学院は同JAの女性大学卒業生で組織。同グループと家の光活用グループに分かれ、参加者が自主的に講習内容を企画して月1回活動している。

 

女性大学院こんにゃくづくり202001.JPG

協力してこんにゃくを練り上げる参加者