私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

岡谷市長地小5年生が稲刈り

2018長地小学校稲刈り1.JPG

 

JA信州諏訪が食農教育および支所地域貢献活動の一環でコメづくりを指導している岡谷市長地小学校5年生全4クラス(131人)は10月3日、学校近くの田んぼで、稲刈りを行いました。児童たちは黄金色の稲をつかみ、鎌で「ザクザク」と音を立てて次々に刈り取り、収穫の喜びを味わいました。

 

作業にはJA役職員や女性部員ら約20人が参加し、稲の刈り方やしばり方を指導。2クラスずつ田んぼに入った児童たちは、台風24号の影響でぬかるんだ泥に足を取られながら、刈る人・束ねる人と2人1組になり、懸命に作業していました。

 

刈り取った稲は軽トラックで学校まで運び、フェンスに「はぜかけ」。ずらりと並んだ稲に、他の学年の児童も興味津々な様子でした。稲は1~2週間乾かした後、機械で脱穀します。また、年明けに関係者を招いて収穫祭を開き、もちつきなどを行う予定です。

 

田んぼは地元の髙木元一郎JA理事が遊休農地約10アールを手配。児童は観察日記をつけて生長を見守りながら、「あきたこまち」と「ヒメノモチ」を育ててきました。

 

参加した岡部蓮くん(11)は、「家ではコメをつくっていないので、最初は刈り取るのが難しかった。収穫祭で食べるのが楽しみ」と笑顔で話していました。

 

2018長地小学校稲刈り2.JPG

2018長地小学校稲刈り3 (2).JPG 

2018長地小学校稲刈り3.JPG

2018長地小学校稲刈り4.JPG

2018長地小学校稲刈り5.JPG

2018長地小学校稲刈り6.JPG

2018長地小学校稲刈り7.JPG

2018長地小学校稲刈り8.JPG

2018長地小学校稲刈り9.JPG

2018長地小学校稲刈り10.JPG

2018長地小学校稲刈り.jpeg