私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

お知らせ

万一に備え 本所で消防訓練

 

JA信州諏訪は25日、諏訪市のJA本所で消防総合訓練を行った。役職員約60人が参加し、火災発生時の初動対応などを確認した。若手職員らによる消火器の使用実習も行った。

 

万一の事態に備え、毎年この時期に行っている。1階喫煙室から出火した想定で訓練した。役職員はそれぞれ、消防署への通報係、初期消火係、重要書類の持ち出し係など役割分担し、非常時の対応を確認した。

 

消火器の使用実習では、消防設備の点検委託業者から、消火器を使う際の注意点や使い方を学び、各課の若手職員ら15人が実習した。

 

同JAの早出勇専務は、「災害はいつ起きるかわからない。訓練の経験が事故防止や軽減につながる」と話した。

 

2016防災訓練.JPG

消火器の使い方を学ぶJA職員