私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

「盆の花市&売り出し」を開催 3日間で3000人が来店

 岡谷市内の直売所「夢マーケット田中線」は8月11日から13日にかけて、盆用の切り花や地元産の野菜を特価で販売する「盆の花市&売り出し」を開催し、多くの人が新鮮な農産物をたくさん買い求めました。

 

 店舗入り口に特設スペースを設け、菊やリンドウ、トルコギキョウなど定番の盆花を用意。複数の品種を彩りよく1束に集めたセット品も人気でした。また、店内の甘いトウモロコシやトマト、キュウリなどの果菜類コーナーもにぎわい、同マーケット利用部会員が、屋台で五平餅のできたてをふるまうなどセール盛り上げに一役買いました。

 

 市内の女性客(78)は「花の種類が豊富なので、毎年買いにきている。野菜もたくさん買えたので、いいお盆を迎えられそう」と笑顔を浮かべました。

 

 両角柳也田中線センター所長代理は「3日間で3000人近くのご来場をいただいた。今後も魅力的名セールを開催するので、ぜひ足を運んでほしい」と話しました。

 

 同直売所では現在、当JAオリジナルキャラクターじゃすまるとハローキティのコラボレーション企画を期間限定で実施中。9月1日の岡谷市会場から始まる農業祭のスクラッチ大会に参加できるグリーティング・カードの配布を行っています。また、専用アプリを使ってじゃすまる・ハローキティと一緒に写真や動画が撮影できるフォトスポットを設置し、幅広い世代の集客を図っています。

 

夢マーケット田中線盆の花市.JPG

種類や彩りの多さに目移りしながら、好みの花を選ぶ買い物客