私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

「1人前になれるよう全力を尽くす」と決意新た 正職員辞令交付式

 JA信州諏訪は7月1日、諏訪市のJA本所で正職員登用辞令交付式を開きました。4月に新採用職員となり、3カ月間の試用期間を終えた23人が、小松八郎組合長から一人ひとり人事通知書を受け取り、正職員となりました。今年度はJAづくり推進室福祉課に1人、共済部に4人、営農部に4人、各支所金融係に14人を配属しました。

 

 新採職員を代表して茅野市営農センターの柳澤拓実さんは「試用期間中、組合員と地域に愛されるJAの大切さを実感した。早く1人前の職員になれるよう、全力を尽くします」と決意表明。

 

 小松組合長は「悩みを1人で抱え込まない、わからないことをそのままにしない、各種資格取得への挑戦。この3点を覚えておいてほしい。自覚と責任を持ち、一緒にがんばっていきましょう」と激励しました。

 

正職員辞令交付式.JPG

小松組合長を前に決意表明する新採用職員