私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

地域貢献活動で花育応援 JA四賀支所

 諏訪市のJA四賀支所は5月16日、支所食農活動として「花育」をはじめて実施しました。職員と管内の女性部員合わせて9人が参加し、児童発達支援センター「この街きっず学園」に花をあしらえたプランターを届け、施設内に芝桜を植える美化活動を行いました。

 

 プランター用の花は富士見高校園芸科の生徒が育てたガザニアやなでしこ約20本。芝桜はこの日のために部員が育てたものを使用しました。

 

 牛山えみ子園長は「花があると子どもたちが喜ぶので、わたしたちもうれしい。大切に育てます」と感謝の言葉を述べていました。

 

 またこの日は「四賀支所にもきれいな花を植え、利用者を気持ちよく迎えてほしい」と同部員が提案したことがきっかけで、同支所前の花壇にも色とりどりの花を定植。職員と部員が力を合わせ、美しい景観をつくりました。

 

 同部の矢﨑正子四賀支部長(63)は「大勢で協力して作業できた。また定期的に管理を手伝いたい」と笑顔で話しました。

四賀支部花植え.JPG

 

職員と女性部が協力して作業した「この街きっず学園」での花いっぱい運動