私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

「楓の会」 料理講習会開く

  

 岡谷市と下諏訪町在住のJA信州諏訪女性部員でつくる「楓の会」は7月12日、市内の夢マーケット横川2階調理室で、盆のおもてなし料理講習会を開催。

10人が参加し、富士見町の料理研究家小林ゆき子さんの創作料理「エビ団子のジャガイモ衣揚げ」やバクダン丼、ナスの肉詰め、かきたま汁の4品を完成させました。

 

 参加者は「ジャガイモを衣にして揚げる、という発想が素晴らしい。おいしかったので家でもつくってみたい」と振り返りました。

同会代表の山田千代さんは「マグロやオクラ、調味料などを入れて混ぜるだけのバクダン丼は火を使わずにつくれるので、夏の暑い時期にピッタリ。お茶漬けで食べてもおいしい」と話しました。

 

 同会は料理教室の他にもウォーキングや体操など幅広く活動しています。

この日は現在力を入れている「銭太鼓」の練習も行いました。

8月8日に諏訪市の老人保健施設「みづうみ」で披露する予定です。

 

女性部有志で料理講習会2018.jpg

底に穴が開かないよう、丁寧に中身をくり抜いてナスの肉詰めをつくりました。