私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

農業祭茅野市会場 消費拡大呼びかけ

当JAは9月22日(木)、茅野市の茅野市運動公園で、第12回JA信州諏訪農業祭茅野市会場を開いた。地産地消や農業所得増大を目指し、地元農畜産物をPRする様々なイベントを展開。あいにくの雨にも関わらず、5000人を超える来場者が訪れて各種イベントを楽しんだ。

 

農産物販売.JPG

地元農産物の特価販売

 

【牛乳・きのこ消費拡大】

酪農専門委員会は牛乳の消費拡大を目的に、牛乳200パック(180ml入り)を配布した。子供たちには、ホルスタインをモチーフにした白黒の鉛筆と消しゴム、乳製品のパンフレットも配布し、牛乳のおいしさや栄養価の高さをPRした。

 

きのこ専門委員会は、これから冬にかけて旬を迎えるきのこの消費を促そうと、地元産のエノキタケとシメジをたっぷり使ったきのこ汁400食を振る舞った。同JAの小松八郎組合長(きのこ専門委員長兼務)と生産者が、自ら器によそって来場者と触れ合い、消費拡大を呼びかけた。JA全農長野の農産物PRキャラクター「信州力」(しんしゅうりき)も応援に駆けつけ、地元産きのこをアピールした。

 

きのこ汁配布.JPG

きのこ専門委員会によるきのこ汁の振る舞い

 

信州力.JPG

農産物消費拡大へ応援に駆け付けた全農の農産物PRキャラクター「信州力」(しんしゅうりき)

 

【米消費拡大コーナー】 

米消費拡大コーナーでは、もちつき大会を実施。親子連れが大勢参加し「よいしょ、よいしょ」と、きねを振り上げてもちをつき、収穫の秋を祝った。もちは、あんこときなこで味付けして来場者に振る舞い、長い列ができた。

 

もちつき.JPG

あんこ・きなこもちを振舞った米消費拡大コーナー

 

同コーナーでは、袋に1合ずつ小分けした『あきたこまち』の白米を、制限時間1分以内にいくつ釣れるか競う「米釣りゲーム」も実施。釣り上げた米はプレゼントして、諏訪産米のおいしさをPRした。

 

米釣りゲーム.JPG

米釣りゲームを楽しむ来場者

 

【歌謡ショーも盛況】 

歌謡ショーやキャラクターショー、諏訪地域の小学生を対象にした1000m走の記録会も実施した。歌謡ショーでは、歌手の松村和子さんが公演。観客席に降りて来場者と握手を交わして触れ合う場面もあった。大ヒット曲「帰ってこいよ」は、三味線を弾きながら歌う定番のスタイルを披露し、会場を盛り上げた。

 

熱唱する松村さん.JPG

松村和子さんによる歌謡ショー