私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

お知らせ

イベント

職員によるマスコット作り盛ん

JA信州諏訪で、JAのマスコット「じゃすまる」の人形作りが盛んだ。JAが職員向けの講習会を開き、製作を楽しんでいる。人形は業務中、胸元に付けるなどして農産物や産地の認知度向上、JAのイメージアップを図る。

 

9月14日に開いた講習会には男女合わせて11人が参加した。同JA女性部湖北ブロックの部員が講師となって作り方を指導した。

 

人形は手のひらに乗るミニサイズ。型取りして切り取った胴体や手足、目や耳などのパーツを縫い合わせ、中に綿を詰めて形を整える。参加者の中には「よりかわいく見えるように」と、ピンク色の糸で頬紅を入れるなど、オリジナルの人形に仕上げる職員もいた。

 

「じゃすまる」はJAの宣伝部長。着ぐるみがJAの農業祭や消費宣伝会などに登場し、人気を集めている。

 

人形は、同部の部員が今年3月に製作。役員や一部の管理職が身につけていた。これを見た女性職員から「かわいい」と評判が広がり、職員向けの講習会を企画した。講習会は10月下旬までに全5回開く。

 

じゃすまる人形できました.JPG

ネームストラップに手作りの「じゃすまる」を付ける職員