私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

花ブログ

なんしんフラワーフェア 三井静明さん3年連続栄冠

  長野県南信地域のJA信州諏訪、JA上伊那、JAみなみ信州の花を一堂に集めた品評会「2019なんしんフラワーフェア」が9月5、6日の両日、富士見町のJA会館ふじみで開かれました。3JAとJA全農長野でつくる同フェア推進協議会が主催。花き栽培が盛んな南信3JAの生産振興と産地発展を目的に毎年開いており、切り花の品評会と展示会、即売会や地元小学生を対象としたフラワーアレンジメント教室などが行われました。

 

 品評会では、菊、カーネーション、トルコギキョウを中心に269点が出品され、関東農政局長賞の他に長野県知事賞、JA長野中央会会長賞など計29点が入賞しました。最高位の関東農政局長賞は、JA信州諏訪の三井静明さんが出品した輪菊「岩の白扇」が選ばれました。三井さんは一昨年、昨年に続く3年連続の最高位受賞です。

 

 審査委員長の飯森恵美子諏訪農業改良普及センター所長は「度重なる気候変動で、栽培には大変苦労されたかと思うが、レベルが高く、品質のよい花がそろった。来年度以降も多くの出品を期待したい」と話しました。 

 

 6日の褒章授与式で、三井さんは「1年間苦労して栽培してきた生産者にとって、今回の受賞は大変励みになる。今後も南信地区の花き発展のために一層の努力していきたい」と語りました。

 

 最高位以外の主な入賞者は次の通り(かっこ内は品目と所属JA名)

▽長野県知事賞=小笠原秀樹(アルストロメリア・上伊那)藤森英一(トルコギキョウ・信州諏訪)▽長野県農協中央会会長賞=名取靖(スタンダードカーネーション・信州諏訪)伊藤幸彦(輪キク・信州諏訪)▽全農長野県本部長賞=古畑雅一(アルストロメリア・上伊那)小池真喜(トルコギキョウ・信州諏訪)

 

なんしんフラワーフェア.jpg

 

真剣に出品作を見る審査員ら