私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

野菜ブログ

キュウリ目ぞろえ会開催

JA信州諏訪果菜専門部会は7月8日、キュウリの目ぞろえ会を諏訪市の文出農産物集出荷所で開きました。生産者約20人が参加し、出荷規格表に基づく荷造り・選別の注意点を確認しました。

 

各生産者の選別格差をなくすため、3人の生産者がA~Dまでの各等級に選別した後のキュウリを持ち寄りました。生産者ごとに選果方法にわずかな差が見られたため、全員で曲がりや形状、色沢を確認しながら目ぞろえしました。

 

キュウリの出荷は7~8月が最盛期。7月上旬から露地作型の出荷が始まっています。

 

すわこ営農センターの仲井昇吾営農指導員は、「5・6月の低温で生育は遅れ気味だが、品質はとても高い」と話しています。

 

キュウリ目揃え会.JPG

キュウリの選別基準を確認する生産者