私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

花ブログ

蚕糸公園花いっぱい運動 岡谷支所食農活動

 JA信州諏訪岡谷支所は6月18日、市内の蚕糸公園で「花育」をテーマに支所食農活動を行いました。

丸山浩支所長らJA職員6人と、女性部湖北ブロックの有志メンバー16人と共に、岡谷市神明小3年1組の児童26人が作業に参加。地域の美化活動に一役買いました。

 

 地域在住の女性部員が「地域で最も人通りが多いこの一帯を花でいっぱいにしよう」と始めたのがきっかけで、同支所の地域貢献活動と連携。毎年の恒例行事となっています。

 

 児童は総合的学習で花を育てており、女性部員でカーネーション農家の河西由紀子さんから栽培のアドバイスをもらうなど親交を深めたことから、活動に参加することになりました。

 花壇の雑草を取り除いた後、土をやわらかく耕してから肥料を混ぜ、ペチュニア、ミニヒマワリ、マリーゴールドをバランスよく配置。1株ずつていねいに植えていきました。作業終了後は、児童が歌をプレゼント。盛大な拍手が送られました。

 

 丸山支所長は「今年も女性部員の協力のもと、人通りの多いこの公園に花を植えることができてよかった。初参加の子どもたちも一生懸命やってくれた。花の勉強に役立ててもらえればうれしい」と話しました。

 

 今後は草取りや水やり、花の植え替えなどを定期的に行います。

 

蚕糸公園花植え.JPG  

小学生と協力し、約300株の色とりどりの花の苗を植えました