私たちは、食と農を守り 組合員と地域に愛されるJAをめざします

JA信州諏訪

JA信州諏訪の「農作物」

花ブログ

平成30年度 花き反省検討会開催

花き出荷も終盤を迎えた11月7日(水)にJA会館ふじみにおいて、平成30年度花き反省検討会(原村共選所品目)が開催されました。管内の生産者や取引市場・行政・輸送協力会など130名以上が集まりました。全体会議の後、トルコギキョウ・スターチス・宿根カスミ草・りんどうの各品目に分かれて分科会を行いました。今年の気象経過を振り返り、夏の猛暑による生育の前進とその後の台風による被害など、生産者にとっては非常に苛酷な条件での生産であったことや、お盆・彼岸の物日需要を中心とした販売状況についての報告がありました。

出席した取引市場からは、他産地の動向や販売状況、今年取り組んだ販売方法や次年度以降に向けての要望などが出され、生産者との活発な意見交換がされました。

分科会1.png分科会2.pngまた、冬季品目であるアルストロメリアとアネモネについては、これからが出荷の本番になるので、取引会議として同様に分科会が行われました。JA側からは①生育状況及び作柄状況について、②販売方針及び販売計画についての発表がありました。それに対して市場側から流通動向及び競合産地状況についての報告があり、生産者との意見交換がされました。

取引会議.png